和ろうそくのこと/「丙」と「丁」

なぜいま、和ろうそくの灯か。
和ろうそくの作り手として、和ろうそくに向き合ってきて、ようやくたどり着けた気がしています。
2014年にhitohitoというブランドを立ち上げました。
火が暮らしの中から失われていっている。そのことに対して、これが健全な人の営みか、
人が火を扱うことを止めた先に何があるのかと問いかけ、ものすごい勢いでせまる「火の迫害」に
少しでもわたしたちが考える時間と余地を作りたかった、というのがきっかけでした。
hitohitoが発足してまもなく、どうしてこんなことになってしまったのだろうか、ということを考えました。
「火」に対する畏怖。それは理解できます。ですが、和ろうそくの作り手として、どうしても解せなかったことは、
どうして「火」がもたらす安心は置き去りにされるのだろう、ということでした。
「火には2種類あるって知ってる?」と教えていただいたのは、それから半年ほど経った頃でした。
「丙と丁。十干ってあるでしょう。十二支十干の。甲乙丙丁…ってやつ」
その方がおっしゃったことを整理すると、こうなります。

  • ・十干の中の「丙」「丁」が火を意味し、それぞれ「ひのえ」「ひのと」と読むということ。
  • ・丙は火の兄で、丁は火の弟であるということ。
  • ・兄弟になっているけれど、上下の関係ではなくて、陰陽一対の関係であるということ。
  • ・火の兄は、燃えさかる炎や太陽を、すなわちありのままの自然を意味し、
    火の弟は手元で扱えるような小さな火を意味するということ。

つまり、火を2種類にすることで、畏怖する火を離し、安心を得るための火は
手元に置くことができたのだというお話でした。そして見事に和ろうそくというツールを用いて、
木造家屋の中に火を取りいれることに成功したのです。
ところが、いま暮らしの中から火がなくなろうとしているのです。
言葉が統一(簡素化)されて、2 種類の言葉をつくったことすらも忘れられた末路に、
こんなにもあっさりと火を排除対象としてしまった。
本来安心を得るための火までも、人々は手離そうとしているのです。
わたしたちの造る和ろうそくの役割は、いま手元から離れようとする火をもう一度手元に戻すことです。
なぜなら和ろうそくは、自然の恩恵を受けるためにつくられた知恵の結実なのですから。
和ろうそくの灯こそ、火と人の聞にそっと寄り添うあたたかい灯。
「丁」にこめられた価値観をわたしたちは未来に繋ぎたいのです。

Japanese Candles / “Hinoe” and “Hinoto”

Why the light of Japanese candles now?
After working with Japanese candles for years as a manufacturer,
I am now beginning to understand them.
We established a brand called “hitohito” in 2014.
The element of fire is being lost in daily life.
Is this really healthy for man?
If man stops using fire, what comes next?
We created this brand in order to consider these things before the “persecution”
of fire completely eliminates it from our lives.
Shortly after establishment of hitohito, I wondered why these things have happened.
Fear of fire, I can understand it. However, one thing that I, as a manufacturer of
Japanese candles, could not understand was why the comfort offered by fire is ignored.
It was about 6 months later that I was asked: “Do you know there are 2 kinds of Fire?”
“Hinoe and Hinoto. Have you ever heard about the 10 celestial stems?
They are 10 stems (and the 12 signs) of the Chinese zodiac. Ko, Otsu, Hei, Tei…etc.”
The summary of what the person explained is as follows:

  • -“Hei” and “Tei” in the 10 stems mean Fire and are read “Hinoe” and “Hinoto”
    in Japanese, respectively.
  • – “Hinoe” is an elder brother fire and “Hinoto” is a younger brother fire.
  • – They are brothers, without any hierarchy but in a Yin-Yang pair relationship.
  • – The elder brother fire means a burning flame or sun, which is an aspect of Nature.
    And the younger brother fire means a little fire that one can handle with the hands.

The end of this story was that by dividing Fire, one could let go of the fire to be feared
and keep the fire for reassurance.
And thus, we are able to successfully introduce fire within the home
by using Japanese candles.
However, fire is still being lost in daily life.
The words Hinoe and Hinoto have been merged into the single word, “fire”.
People have forgotten why the two words originally existed
and now consider fire as something to be excluded.
Consequently, people are even letting go of fire for reassurance.
The role of the Japanese candles we are making is to bring that fire back in daily life.
Japanese candles allow us to enjoy one of the benefits of Nature.
The light of the Japanese candle represents the warm light
that still exists between Fire and Man.
We are aiming to pass on the concept of “Hinoto” to future generations.