【TOPAWARDS ASIAを受賞】色ろうそく春夏秋冬シリーズ

2019.02.09

Topawards Asiaとは、「アジア限定のパッケージデザイン賞」で、アジア内の洗練されたパッケージデザインを、Topawardsチームが毎月のテーマに合わせピックアップし、世界で活躍されているクリエイターがその商品を審査し、決定しています。

 

Topawards Asiaは、エントリー制ではなく、「消費者目線で選ばれる本当にいい商品」が受賞できる賞で、この度、1月のテーマ「SOFT」に沿って集められた商品の中から、優れたデザインとして弊社の「色ろうそく春夏秋冬」が受賞しました。

 

審査員

川上典李子 – 日本 デザインジャーナリスト、21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター
Vivian Cheng – 香港 Vivian Design設立者

 

川上典李子氏からのコメント

1914年創業で歴史のある和ろうそく店が手掛けた色つきの和ろうそくシリーズ。春夏秋冬シリーズの「冬」を例にあげると「ばあちゃんのニット」「氷の下」「長い夜」「こたつの定番」「冬の朝」「しんしん」の6色で、季節を象徴する色、多くの人の記憶に刻まれた色を大切にしている点も興味深い点です。イラストレーションが施されているパッケージも魅力があります。

 

色ろうそく春夏秋冬シリーズ デザインコンセプト

「思い出す、思い起こす」ことをメインコンセプトに据えた色ろうそく春夏秋冬シリーズでは、ノスタルジーを感じさせる風景や思い出から24色とそれらの色を指す呼称を切り出し、その集積に「火を扱うこと」への眼差しを向けています。「火を扱うこと、ろうそくを灯すこと」が極端に減ってしまった現代に、「火を扱うこと、ろうそくを灯すこと」を想起できるような工夫を凝らし、次の世代へと連続されることを願ってつくられました。

パッケージデザインでは、春夏秋冬で分けた4種類の箱に、棚田やれんげ畑、雪深い比良山など、うつろいゆく季節の中でみせる、美しい滋賀・湖西地域の風景を、イラストで全面に配置しています。色ろうそくを一本ずつ収める中箱の形状も、折り方を工夫し、ろうそくが収まるスペースを三角形にすることで、しっかりと固定しています。

自然の恩恵を大切にし、暮らしに寄り添う大與のものづくりの理念を、パッケージデザインへも反映し、伝えられるように心がけられています。

 

TOPAWARDS ASIA https://www.topawardsasia.com/winners/coloured-candles

 

Design Company: MICHIO YOKOYAMA DESIGN STUDIO
Art Direction & Design: Michio Yokoyama
Illustration: danny

back